形式一覧MENU

0201立面図 0201展開図

コード番号:0201(A式)

一般的な箱です。
底面と天面をテープ止めして梱包します。
みかん箱タイプとも言われてます。
一番ポピュラーなA式タイプです。
フラップの長さがWの半分になってます。

この形式は、原則としてワンピースで、フラップがあり、
継ぎしろをもつものです。
ただし、継ぎしろは、長さ面又は幅面のいずれにつけてもよいとされてます。
旧形式名:A-1形

折り方

0201アニメ
B式立面図

B式

差込型の箱です。
この形式は、基本的には外枠と それに差し込む内枠とからなるものです。
開閉するのに便利です。
※底面にもテープ補強し梱包しないと底抜けの恐れがございます。

C式立面図

C式

この形式は、身と蓋とからなり、
ツーピース以上で構成するものです。

身と蓋が有り出し入れし易く薄型の物を入れるのに適しています。


E式立面図

E式

A式ケースの片方の蓋面が無い半A式ケースです。
使用しないときは折りたためます。
何度も出し入れする場合(伝票入れや書類保存箱)に利用されてます。
※ある程度の高さがないと破れる恐れがございます。

ヤッコ式立面図 0401立面図 0401 展開図

コード番号:0401(ヤッコ式)

薄い商品を梱包するのに適してます。
組み立て形です。
この形式はワンピースで、継ぎしろなしで組み立てるものです。
浅いもの、高さがないものでよく使われてます。

折り方

ヤッコ式組み立てアニメ2
たとう式立面図 0410立面図 0410展開図

コード番号:0401(たとう式)

ヤッコ式と同じで商品の高さが浅い物に利用されてます。
梱包次第ですが、開閉できるような仕掛けもできます。
組み立て型です。
この形式はワンピースで、継ぎしろなしで組み立てるものです。


折り方

たとう式アニメ

02:溝切り形(Slotted-type boxes)

この形式は、原則としてワンピースで、フラップがあり、継ぎしろをもつもので、その形式は以下による。
ただし、継ぎしろは、長さ面又は幅面のいずれにつけてもよい。

L=長さ
W=幅
H=高さ
フラップ=蓋


(日本段ボール工業会・全国段ボール工業組合連合会  段ボール手帳参照しております。)

0200立面図 0200展開図

コード番号:0200

上の蓋が無い形式です。
通凾でA社からB社に加工工程の容器として利用されてます。

また、一回り大きくして身と蓋にしたE式タイプのダンボール箱(帳票保存箱など)としても利用されてます。

折り方

0200アニメ
0202立面図 0202展開図

コード番号:0202

フラップが少し重なり合う形式です。
加工上機械にかからない場合に使われてます。
旧形式名:A-2形

折り方

0202アニメ
0203立面図 0203展開図

コード番号:0203

オーバーフラップタイプです。
蓋が重なり合うタイプです。

商品が非常に重い時や、加工上機械にかからない場合に底だけオーバーフラップにすることがあります。

旧形式名:A-5形

折り方

0203アニメ
0204立面図 0204展開図

コード番号:0204

この形式は木型を必要とします。
内フラップと外フラップが共につき合わせになっており、
中がフラットの状態になっております。
旧形式名:A-3形

折り方

0204アニメ
0205立面図 0205展開図

コード番号:0205

フラップの長さがLの半分になってます。
中がフラットの状態になっております。
旧形式名:A-4形

折り方

0205アニメ
0206立面図 0206展開図

コード番号:0206

この形状は木型が必要とします。
内フラップの長さがLの半分で外フラップの長さがWと同じでオーバーフラップになっております。
中がフラットの状態になっております。

折り方

0206アニメ
0209立面図

コード番号:0209

上蓋が短くなってるタイプです。
バナナの箱で見かけます。
密封するとガスが出るので、それを逃がす為に考えられてます。

折り方

0209アニメ
0212立面図 0212展開図

コード番号:0212

この形状は木型が必要とします。
上の蓋が差し込み式になっております。

折り方

0212アニメ
0215立面図 0215展開図 地獄底 web 地獄底web2 地獄底web3

コード番号:0215

この形状は木型が必要とします。
差込み式の底面がアメリカンロック式(地獄底)になっております。
B式ではポピュラーな形式です。

地獄底web3 地獄底1 地獄底web2

コード番号:0216

この形状は木型が必要とします。
上蓋はテープでの梱包をするA式蓋で
底面がアメリカンロック式(地獄底)になっております。

あまり見かけませんが、底面の梱包時間短縮と、
上蓋のコスト削減として需要があるかも知れないですね。